こんにちはヨーコです。


ずっと気になっていた母(73歳)の認知機能をMoCA-Jで、テストしてみました。

最近物忘れがひどいと言っていた母。ちょっと気になっていました。

私はカナダ、母は日本に住んでいるので、テストはスカイプで。

スポンサーリンク



視空間・実行系




まず、視空間・実行系のテストをスカイプでテストし、

テスト用紙をファックスで送ってもらいました。

Trail making

数字からひらがなへ順番通りに線で結んで行くテストです。

“1”から“あ”へ、そして“2”へと線を描いていって、“お”で終わっていますね。


線が交差することなく、“1-あ-2-い-3-う-4-え-5-お”の順に結ぶことができているので、

1点をゲット!ここでは、自己修正以外のエラーがあると0点になります。

視空間認知機能(立方体)

立方体を正確に書き写すテストです。

  • 3 次元として描かれている
  • 全ての線が描かれている
  • 余計な線が加えられていない・線の並行関係が保たれている・長さが類似している

少しいびつですが、一応これらの条件をクリアーしているように見えます。1点をゲット!

この条件を1つでも満たしていない場合には 0点となるんですよ!

視空間認知機能(時計描画)

ここでは、時計を描いてもらっています。文字盤に数字を全て描き、

11時10分を指すよう針を描いてもらいます。

  • 時計の文字盤が円形である
  • 数字が過不足無く描かれている
  • 長針、短針ともに正しい数字を指している・短針は長針よりもはっきりと短い・2 つの針が文字盤の中心でつながっている

一応これらの条件をクリアーしていますね。3点をゲット!


ということで、視空間・実行系の合計点数は5点満点中5点でした。

命名




左から順に動物の名前を言ってもらいます。

勢いよく、「トラ、サイ、ラクダ!」と答えた母。トラ??

でも、すぐに、「あっ、ライオンだった。」と言い直しました。

自己訂正がありましたが、いちおう動物の名前を正しく言えたので、3点をゲット

記憶




私が読み上げた単語(顔、絹、神社、百合、赤)を憶えてもらい、

すぐに繰り返して言ってもらいました。(順番は関係ありません)

同じことを2回繰り返します。

1回目は“百合”が言えてませんが、

2回目では、すべての単語を繰り返して言うことができました。

この時の結果は点数には関係ありません。(本人は知りません)

後で、もう一度単語を思い出してもらうことを伝えました。

注意



順唱

私が “2、1、8、5、4”と数字を読み上げ、同じように 繰り返して言ってもらいました。

ちゃんと言えてますね。1点をゲット!

逆唱

私が “7、4、2”と数字を読み上げ、

今度は私が読んだ順番と逆から繰り返して言ってもらいました。

ちゃんと「2、4、7」と答えられたので、1点をゲット!

刺激に対する準備(alerting)・ビジランス

私がひらがなを読み上げ、“あ”と言うたびに手を叩いてもらいました。

手を叩いた場合は、丸をつけてあります。

全部性格て叩けていますね。1点をゲット!


“あ” の時に手を叩かない、もしくは他のひらがなの時に手を叩いてしまった場合は、

エラーとなります。エラーが一回だけの時は、1点をもらえます。

計算

私が “止め”というまで、100から7を順に引いていってもらいました。

1回目の計算は正しいのですが、2回目が間違っていますね。

でも、その間違った数字(84)から正確に7を引き、計算を続けているので、

4問正解ということになり、3点をゲット!

スポンサーリンク



言語



復唱

私が読み上げた文章を正確に繰り返してもらいました。

“太郎が今日手伝うことしか知りません。”

この後、もうひとつ文章を読み上げ、同じように繰り返してもらいました。

“犬が部屋にいるときは,猫はいつもイスの下にかくれていました。”

それぞれの文章を正しく復唱できているので、2点をゲット!

言葉を省略するなどの細かいエラーも減点の対象になります。

語想起

“か”で 始まる言葉を1分間の間に出来るだけたくさん言ってもらいました。

  • 回答
  • カンナ
  • 掛け声
  • カニ
  • カロチン
  • 歓喜
  • 観音様
  • カシオ
  • 戒厳
  • 海軍
  • カラフル
  • カートン

カロチン?まあ、11個以上生成出来ているので、1点をゲット!

同じ言葉を言った場合はカウントしません。母の場合も ”掛け声”を2回言ったので、

2回目はカウントしませんでした。

抽象概念




まず、練習から始めました。

“バナナ”と“ミカン”はどのように似ているか、という問いに対して、

「果物」と答えたので、本テストに進みました。


“電車”と“自転車”はどのように似ているか、の問いに対しては

「はしるもの。」

ちょっとビミョーですね。

本当は、“交通手段”とか“乗り物”、“旅行の手段”と答えてもらいたかったんですが。

一応抽象的概念と言えると思うので、1点かな?


次に、“ものさし”と“時計”はどのように似ているか、の問いに対して

「目盛りがある。」

ウワッ、そうきたか!典型的なエラーですね。

概念ではなく具体的な答え方をしてしまいましたね。

0点です。

“測るもの”とか言って欲しかったんですけど。


記憶・遅延再生



ちょっと前に覚えてもらっていた単語(5つ)を、今憶えているだけ言ってもらいます。

全部言えたので、5点!

今どこで?見当識




今日の日付、今いる場所を言ってもらいました。

全部正しく回答できたので、6点!

合計得点

母は、高卒なので、教育年数が12年以下のとなり、1点が追加されます。

なので、合計得点は30点満点中30点!

(26点以上であれば健常範囲と考えられいます。)

物忘れがひどくなったと言っていましたが、まだ大丈夫そうですね。

一安心です。


MoCA-Jの詳しい解釈に関する記事はこちらを!

認知機能を計るテスト、MoCA-Jの解釈(MoCAの日本語版)





認知機能テスト・スクリーニングのまとめ記事

スポンサーリンク